2018年05月04日

赤サテンの衣装

 やっとできた。
P1000010.JPG
ただいまアイロンが嫌になって寄り道しているところです。

 昨日のジャケットにテール部分が付きました。
P1000011.JPG
とりあえずプレーンな形の長い丈。
曲調によって変更してもよいでしょう。

 今回の初挑戦は、ジャケットにちょうちん袖を付けたところです。
P1000013.JPG
これって踊るとき邪魔にならないのかしら。
広げたら生地幅50センチ以上だよ!
身頃とたいして変わらんじゃん。
男役ってたいへんだなあと思いました。

 袖口はそのまま着脱できる太さにして縫い留めてあります。
開け閉めしたいときはボタンかなんかにもできるように、シャツと同じ形です。
10センチぐらいの「あき」があるやつ。
着替えが面倒になるけど、ぎゅっと細く締めたりしてもいいかもね。


 レビューチーム風には宝塚ファンが多くて、つまり衣装好きさんが多いです。
作っていくと喜んでくれて、そして本番で着てもらえるというのは幸せなことだと思います。
そしてポカーンとするマッサンとアタクシ(笑)。
それでも衣装もステージの彩りのひとつとして楽しんでくださったと、公演の際にお客様からたくさん声をかけていただき、うれしかったです。
また、実際に衣装を作っている方々とお話しできたのもありがたいことでした。
なかなか上達しないのが歯がゆいところですが、これからもチマチマ頑張ります。





 

posted by レビューチーム風 熊本 at 18:33| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

リボン増産中

 今週は、衣装に付けるリボンを作っています。
P1000008.JPG
単純な形なのに、アイロンが下手すぎて意外と手間取る。
角が上手に出ません。
いわゆる「中表に縫って表に返し、アイロンで整える」が苦手です。
それってほとんど全ての衣装製作に出てくる工程なんですけど……。
このリボンはアイロンの練習だと思って頑張ることにします。

 ちなみに何に使うかというと、ドレスの肩の飾りです。
3名で出る場面で衣装の色がばらばらになってしまったため、少しでも統一感を持たせるべく、もともとある衣装にくっつけます。
P1000010.JPG
両肩。
こ、これは……ちょっと大きすぎたかもしれません。
土台が赤のドレスなのに、こんなでっかいピンクがきたら相当やかましいのでは!?
とりあえず次回ためしに着てみましょう。
明るい曲調の場面なので、良いほうに転ぶことを祈ります。






 トルソーに装着してみてその存在感にひるんだため、せめて平べったい形にしました。
P1000009.JPG
はじめはもっと、リボンがぷわぷわとふくらんでいました。
私はどちらかというとシュっととがったものが好きなので、それもあって潰したところ。
詰め物をしたり厚い生地を使ったりのぷっくりしたリボンもかわいいですが、己の両肩にのっけるとなるとやはり抵抗がゴザイマス。
ハローキティぐらいかわいくないとムリよ!





posted by レビューチーム風 熊本 at 01:31| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

特急オーダー

 ワイン色というか紫寄りのピンクというか、きれいな色です。
メンバーの優実れいによる持ち込み生地で作製しました。
P1000149.jpg
先日ブロンズ色の衣装のときに試してみたジャケットと同型。
新作を作ってはみたものの、新しい形というのはちょっと心配でしたが、再オーダーということで嬉しいです。
ひと安心。

P1000150.jpg
裾は前がだんだん上がるカット。

P1000151.JPG
うしろはまっすぐです。
部屋の窓が開いていたので風をはらんで膨らんでしまっていますが、いつもの普通の形なので、人が着ると落ち着くと思います。

 「前回と同じ型紙で」というのがとても助かりました。
珍しく苦戦せずにさっと進んだもの。
私は作る時間よりも、「作るまで」のほうがずっと長いのです。
あ、でもちょうど連休だったから、たまたますぐできただけだよ!
関係者各位、くれぐれも無謀なオーダーをなさいませぬよう。
アタクシはこう見えて細かーい性格なので、たいへん手が遅いです。
ぎゃふん。


posted by レビューチーム風 熊本 at 15:26| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする