2018年06月30日

ドレス小物の試作

 とりあえず着られるところまでいこうと、肩紐など付けています。
P1000042.JPG
ためしに太めの紐。
いつもは紐らしい紐にしていますが、今回はワンショルダーなので安定感のある太めの形にしました。
もっとこう、ぴらぴらとか付けたほうがいいのかしら。



 尻にはリボンです。
P1000043.JPG
私はこれがたいへん面倒くさい。
アイロンが下手なのでリボンがうまくできません。
そでまんじゅうが欲しい!
ということでお試し用はシンプルな形にしました。
ウエスト切り替え位置が低めのデザインにしたらどうにもこうにも胴長だったので、腰になんか付けたらちょっとごまかせるかな、という目論見です。

 てゆうか肩紐が太すぎて、後ろから見たら手ぬぐいみたいだな。
風呂上がりに、あらよって小粋に肩にかけるやつ。
とりあえずこんど試着して、稽古場の大きな鏡で見てみようと思います。
うちには細い姿見すらないからね。
衣装を作るのにたいへん不便です。
でも地震からこっち、なんとなく敬遠しています。
普段おしゃれとかしないから姿見がなくても困らないんだよー、マズイなー。
と、ほんとうはマズイと思っていないところがいちばんの問題でしょう。




posted by レビューチーム風 熊本 at 23:19| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

黄緑サテン生地ドレス

 ようやくスカートが付きました。
P1000035.JPG
今回はウエスト位置を低く、スカートは後ろがやや長くなる形です。
今のところスカートは長めに裁断してあります。
試着の後に、各自の丈を決めましょう。
肩紐や装飾も未定です。
今回は短いスカートで生地に余裕があるので、肩と腰に揃いのリボンなど付けても良いのでは。


 後ろから見たところ。
P1000036.JPG
男役衣装に合わせて、後ろのほうがスカートの生地が多めです。
動かないとあんまりわからないところですが。
後ろ身頃が曲がっているのは、ファスナーがちゃんと閉まっていないからです。


 これが閉まらないファスナー。
P1000037.JPG
いつものことです。
ということは、私が変な改造をした型紙でもいつのもサイズにできあがっているということなので、ひと安心。
今回は脇ファスナーのため、いつもより時間と金と手間をかけました。
ああもうファスナー付け苦手だわ!
でも脇だと目立つので慎重にやったわけです。
おかげで少しはきれいに付けられたと思います。
面倒だけど、これからもこの方法を採用することになるでしょう。


 残るはもう1着のドレスと試着後の仕上げ。
メンバー全員そろいの衣装が済むと、だいぶほっとします。
1学期のうちに完成させたいところです。




posted by レビューチーム風 熊本 at 01:32| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

トップさんの衣装

 他のものよりテール前側の丈が少し長めです。
P1000049.JPG
プラス10センチほど。
たったそれだけのことで、ぐっと大人っぽいかも! びっくり。
デザイン打ち合わせのときに参考にと見せてもらった写真にだいぶ近づいたと思います。

 後ろはひだを多めに。
P1000050.JPG
畳んだり縮めたりではなく、カットだけで自然にできたひだなのでなめらかです。
ウエストがぼわっとしないから私はこれが好きだわ。
そして裾にハリをもたせてひだをちょっと強調。
回ったときの揺れもいいよ!

 これはその裾を近くから見たときの様子。
P1000051.JPG
着てしまえばあまりわからないところですが、少し波打っています。
これで踊らずに立って歌っているときなんかにも、動きや立体感が出たらいいです。


 ここまでで男役チームの衣装がひと段落。
女役チームもそろそろスカート丈が決まりそうなので、もうすぐ続きに着手です。
とりあえずこれから、例のリボンを作ります。


posted by レビューチーム風 熊本 at 00:31| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする