2017年09月01日

男役衣装用:白サテンシャツ

 振り付け業務が難航しているため、気晴らしに衣装業務に転向しました。
これはこれで難航するので、たいして気晴らしにはなりませんが。
P1000005.JPG
とりあえず完成。
襟を立てすぎましたね。

 今回のご注文は白サテンのシャツ。
カラフルなのもいいけど、やっぱり白も素敵だなあ。
このまえ紫ベロアを裁断したときの粉っていうか、なんだろうあれ、毛? なにしろ切りくずが拭いても掃いてもまだまだ残っているので、くっつかないように頑張りました。
無事に真っ白くできあがったと思います。

 丈を少し長めにしたので、脇を割りました。
動きにくくなると困るからね。
P1000006.JPG
今のところ最大ぐらいに開けているので、ずぼんの股上によってはもうちょっと閉じてもよいと思います。


 そんなことで、ゆうべから衣装やって今度はこっちが嫌になったので、また振り付けに戻ります。
テンポの速い音楽なので、まずは自分が踊れるかどうかがアヤシイ感じ。
参ったねどうも。


posted by レビューチーム風 熊本 at 18:58| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

男役用衣装・紫のテイルコート

 今回はテイル部分をちょっと横に広げました。
2017081523090000.JPG
両脇がギャザー多め。
もうちょっとシュっとしたり、前端を内側に寄せたりしてもいいかな。
そのへんはけっこう融通がきくので、試着の様子や中に着る衣装とのバランスを見て相談します。

 初めてやってみた折りたたむフリルは、形は気に入ったけどちょっと地味でした。
もしまた使うときは、ボリューム倍ぐらいでもいいかも。
あんま増やすとちょっと重いけど、もっさりと悪役風の衣装もたまには良いのでは。
まだまだ試行錯誤を続けてみたいところです。

2017081523090001.JPG
横からの様子。
オーガンジーの上布もちょっとフリルにしたので、脇がぽわんとなりました。
膨らます位置を後中心にしてもいいかも。
バッスル風に。

2017081523100000.JPG
後ろからの様子。
丈を長めにしました。
ここも、試着ののち調整です。

2017081523140000.JPG
そして久しぶりに尻を割りました。


 今回はみんなとお揃いではないので、いろいろ挑戦しておもしろかったです。
でもベロアが地獄のように縫いにくかったので、次はちゃんと考えてからやらんといかんと反省しました。
ものすごく縫いズレするし、そもそもスカートの部品から切り取ったので、生地の向きとかあるんだったらそこは無茶苦茶です。
圧倒的素人力で、たいへん強引に衣装が出来上がりました。
あいたーす。




posted by レビューチーム風 熊本 at 21:35| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ドレスを解体する

 大将から預かってきた古いドレスを解体して、衣装生地として使おうという試みです。
2017081418450001.JPG
スカート部分は細いパーツの7枚はぎでした。
私はいつも横着して2枚はぎなので、せめて3枚ぐらいせんといかんなと思いました。

 パニエが本体に付いている形で、ご丁寧に表地にもばっちりと裏打ちされています。
2017081418260000.JPG
面倒くさくなってはさみは一瞬で片づけ、手でばりばりとはぎ取りました。

 解体してみると、まあミシン縫いなんて脆弱なもんだと思い知りました。
素手で苦も無く引きちぎれるじゃないか。
それに糸だけでなく布もびりびり破けます。
服は丁寧に扱わなければならぬと反省しました。
あと、ロックミシンて便利そうだなあと思いました。
引っ張ってもちぎれないし。
使うのが難しそうで、私はまだ導入していませんが、ちょっと憧れます。


 そんなことで、ベロアというのか別珍というのか正確にはわかりませんが、とにかく起毛の生地が手に入りました。
せっかくだから、ちょっと使ってみたい!
2017081517360000.JPG
……おかげで8月なのに冬物みたいな衣装になりつつあります。
大将ごめんよー。




posted by レビューチーム風 熊本 at 18:17| Comment(0) | ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする