2018年07月16日

7月第3週

 新曲が! 前途多難!!
振り写しをしてきました。
やたらと時間をくってしまって心苦しかったのですが、それでもなんとか最後までいけてありがたかったです。
あとはとにかく今日の稽古を撮影したビデオを見てもらって、少しずつやりやすいように修正していきます。
早く格好つけてキザるとこまでいくといいなあ。
なにせ持ってたジャケットを着て振り向くだけで24拍。
軽快な音楽のところどころに、たっぷりとしたところも出せたらいいと思います。


 衣装製作は、黄緑がひと段落したので次は黒を作っています。
ちなみに黄緑の試着がビデオに映っていたのがこちら。
P1000053.JPG
大将が着てくれています。
短めの裾ですが、回るとけっこうファーン! となっていたのが良かったです。
今度の黒はこれの色違いです。


 ということで作りかけ衣装。
P1000048.JPG
まだステッチも済んでいなくて全体的にぷわぷわしていますが、とりあえず上半身が形になったところです。
黒は良いね! 大好きです。
こないだ屋上で見かけたカラスが、光の加減だかなんだかで意外と青いのが格好良かったので、ステッチ糸を紺色にしてみようかな、などと考え中。
ま、見えませんけどね。
たとえば黄色のシャツに赤でステッチかけても舞台じゃぜんっぜん見えないんですわ。
でも作っているときには見えるので、ひそかに楽しいです。


 後ろからの図。
P1000049.JPG
加減がよくわからず、衿をやたらと立ててしまった。
テール付け前なので丈が闘牛士ぐらい短いです。
トレロカモミロ とても ねぼすけ たたかいよりも ひるねが すき(という歌が好きです)。




posted by レビューチーム風 熊本 at 00:54| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

7月第2週

 だいぶ踊れるようになってきたぞ!
今日の稽古はただ通すだけでなくて、細かいところもちょっとできたと思います。
まずは覚えよう時代がそろそろ終わるかな、ぼちぼち格好つける練習もしたいな、というところ。
で、そのうち衣装を着たらなぜか振り付けがわからなくなる時代を経て、必死に取り戻したら本番です。
ディナーショー本番は10月ったって、きっと来てみたらあっという間なのでしょう。

 それからプログラムもいろいろ相談中です。
新しい曲にも挑戦してみようか、ということになりました。
私は振り付けの宿題が1曲。
なんかこう、帽子のやつにしようかな、というイメージです。
帽子にもいろいろありますが。
DSC_0426.JPG DSC_0517.JPG
どうも、頭が大きすぎて帽子はナナメにしかかぶれないでおなじみのカイです。

 曲のテンポはけっこうゆっくり、じわじわと盛り上がる感じなので、そこをなんとか飽きないようにできたらいいと思います。
ここはひとつ、男役の人々に活躍してもらいましょう。
格好いいポーズとかしてもらいたいです。
じわーっと決めるキザなやつとかね。




 雨が多いけれど、暑さはしっかり夏。
P1000045.JPG
毎年恒例の扇風機丸洗いを行いました。
私は扇風機が大好きです。






posted by レビューチーム風 熊本 at 03:24| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

7月第1週

 例の衣装を稽古場に持っていきました。
P1000043.JPG
ちょっとジャマになるかしらと思ったリボンも意外と良かったです。
衣装となると、この程度でビビってちゃだめなんだな。
もっと装飾が上手になりたいです。
飾りとかも精力的に取り入れていかないとな、と思いました。
てゆうかまずは飾りに興味を持つところからですが。

 やり方を変えてみたファスナー付けもけっこういいあんばいでひと安心。
作業がだいぶ面倒になったけど、いつもより目立たない感じにできました。
今後もこれでいきましょう。
ちなみに私はフラットニットファスナー派です。
ファスナー付けひとつにも数々のやり方があるようで、何事もやってみると奥が深いもんだなあと感じています。
ううむ、洋裁て難しい。

 ダンスはちょいちょい間違いつつも、振り付け自体は固まってきた模様です。
稽古が1週空いたわりにはちゃんとできた……のか?
もうちょっとしたら、曲と曲の間のつなぎも考えたらいいなあと思います。
そしたらちょっとショーらしさが出てくるかも。
こちらも奥が深いもんですな。





 関係ないけど、おらが村の良き店。
P1000033.JPG
先週は稽古が休みで動いてないくせにガツンと食ってしまいました。
でも店員さんがプロだけしかいない感じで、カウンターは料理の鉄人みたいなことになってるし、そこから見える厨房では鍋釜から床からなにからざばざば水洗いの圧倒的清潔感だし、なにより飯も酒もうまくて最高でした。
食いすぎても悔いなし!
私の愛するビワミンハイボールがあるのも素晴らしかったです。




posted by レビューチーム風 熊本 at 00:59| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする